JOB SHADOWING

JOB SHADOWING

ジョブシャドウイングとは、「学生・生徒が、さまざまな企業・組織の社員に一日同行し、どのような仕事をしているかを体感すること」で、将来の働き方・生き方を考えてもらう機会を提供する取り組みです。米国ではインターンの前段階として多くの企業で採用されており、約500万人の派遣実績があると言われています。

JUKEでは、企業と学校とが連携してジョブシャドウイングの機会を提供する「ジョブシャドウイング」の普及を推進しています。

ジョブシャドウイングの特長

DSC05758

プログラムの特長

訪問企業をケースとして、学生・生徒の『認識の幅』を拡大

ー ”知らないものは、選べないから。”(K大学 21歳男子)

ジョブシャドウイングでは、企業訪問を通じて、座学や読書(WEB)では得られない肌感覚としてビジネスを体感する機会を提供すると同時に、企業訪問の前後に「事前勉強会」「事後報告会」というワークショップ形式の講座を実施することで、企業訪問を”ただの楽しい体験”で終わらせないよう、学びを最大化していきます。
講座では、「企業が学生に足りないと感じていること」No.1として長年問題となっている「業種・職種の認識」の拡大を促し、学生・生徒が納得のいくキャリア選択を実現できるようサポートしていきます。

point_jobshadow840

キャリア選択の軸となる『目標と価値観』を再発見

ー “それ、考えたこともなかったです。”(F大学 19歳男子)

ジョブシャドウイングでは、訪問先企業の社員さん・講座に参加する社会人サポーター・他大学・高校の学生・生徒といった、「いままでの人生では関わることのなかった、多様な人々」との出会いがたくさんあります。そのなかで学生・生徒は、新しい価値観や考え方を知ること(learning)と、無意識のうちに持っている固定観念を解きほぐすこと(unlearning)を、ほぼ同時に反復し、自分の本当の価値観や考え方を再発見していきます。
言い古された言葉でも、それを言葉にする人が変わるだけで、まったく違う重みで聞こえる。普段からなんとなく感じていた不安を、そっくりそのまま言い当てられる…そんな新鮮な驚きを感じていただけることでしょう。

point_jobshadow840

バリューチェーンの考え方を応用した、独自の教材

ー “なにこれ、面白い。”(K大学 20歳女子)

ジョブシャドウイングでは、米ハーバード⼤学 経営⼤学院教授のマイケル・ポーター氏が提唱する「バリューチェーン」という考え方をキャリア教育に応用した『IVCA』『CVCA』という独自の教材を用います。本教材では、価値創造のプロセス全体のなかで、各業種・職種がどのような役割を担っているのかを、マクロな視点で捉えられるのと同時に、各業種・職種で必要とされるスキル・コンピテンシーなどを検討出来るので、マクロからミクロな視座(自分ごと)への自然な転換が促されます。

point_jobshadow840

企業・団体、教育機関での活用事例

 JS導入企業のリアルなストーリーをご紹介します。
株式会社アビタス

"高校生の胸のなかに、小さな”種”を蒔く活動だと思うんです。"...

ジョブシャドウイングに参加した

 学生・生徒はどのように変化したのか。

 JS参加者のリアルなストーリーをご紹介します。
JS参加者の声

"将来について考えてしまう人ほど、参加してみてほしい。"...

JS参加者の声

"JS自体が目的というよりは、やりたいことを見つけるきっかけに。"...

お問い合わせはこちらから

I am test text for Call to action.