18 2月 2月の活動実績 (FY11)

120218_1

[コンテンツ]
(1)ジョブシャドウイングの概要説明
(2)自己紹介・目的意識共有
(3)バリューチェーン
1.バリューチェーン講義
2.バリューチェーン作成、発表、答え合わせ
(4)交流会

1)ジョブシャドウイングの概要説明

司会の岡崎からジョブシャドウイングの概要をご説明致しました。
参加者は皆、真剣に話を聞いておりジョブシャドウイングについて理解を深めたように感じました。

2)自己紹介・目的意識共有

参加者同士がお互いに自己紹介と目的意識を共有しました。

最初はぎこちない様子でしたが、徐々に打ち解けて最後の方にはみなさん談笑されていました。また、お互いの目的を共有したことで各自ジョブシャドウイングへの心の準備が出来たように感じました。

3)バリューチェーン

1.バリューチェーン講義

講義内容は以下の通りです。

・バリューチェーンとは?
・ジョブシャドウイングをするにあたってなぜバリューチェーンを考える必要性

2.バリューチェーン作成、発表、答え合わせ

◆バリューチェーン作成

課題「通信会社に関するバリューチェーンを埋めよ。」

上記の課題に対して、参加者がチーム毎に分かれて課題に取り組みました。
各チームが色々と意見を出し合って課題について熱い議論を交わしていました。
カタライザーのファシリテートの下でみなさん多くの意見が出ているのを見て、課題に真剣に取り組んでいるのが感じられました。

◆発表

各チームが考えた答えを発表しました。
どのチームもよく考え抜かれた素晴らしい回答ばかりだったと思います。

◆答え合わせ

各チーム、自分のチームと解答を見比べてどこが違うのかチェックされていました。
バリューチェーンについて学んだことで広い視野を獲得できたことでしょう。

120218_2

120218_3

4)交流会
カタライザーの方々や参加者、スタッフ交えての交流会を行いました。

参加者はみなさん積極的に交流されていました。訪問先関係なしにお互いJSに向かって頑張っていこうという気概が感じられました。また、交流会の最中でもバリューチェーンに関してまだ議論し足りないのか、話し込んでいる方もいらっしゃいました。

バリューチェーンでのグループワークや交流会などを通じて、参加者同士の交流が深まったと思います。
仲間とともに一丸となってジョブシャドウイング当日で最高の学びを得てほしいですね。

そして、事後報告会での素晴らしい発表を期待したいと思います。

文責:小久保

【参加者】
23名

【開催日・場所】
2012年2月18日(土)早稲田大学学生会館3Fセミナールーム

【開催目的】

ジョブシャドウイング事前勉強会の目的は以下の3つです。

1.ジョブシャドウイング当日への学びを深めるためにチームメンバーと交流する
2.バリューチェーンを学ぶことにより、将来の選択肢に対する視野を広げる
3.自らのコンセプトを設定しジョブシャドウイングへの目的意識を高める

【カタライザー】

張 碩   A.T Kearney K.K. Tokyo勤務
古川 秀 東興商事株式会社勤務
恩田 倫孝 株式会社ミスミ勤務
須田 智徳 クロス・マーケティング勤務
久保 祐介 株式会社トーチライト勤務

【司会】

岡崎 愛子  株式会社ビー・スタイル勤務


 
 
※1 本文中に記載されている組織・役職名・その他の情報は掲載当時のものであり、現在では異なる場合があります。
※2 本文中の出来事・状況に関する説明は、JUKEの活動に関する情報提供を目的とするものであり、情報の信憑性や教育プログラムの効果の判断などにおいては、ご自身の責任においてお願い致します。
※3 当該情報に基づいて被ったとされるいかなる損害についても、NPO法人JUKEは、一切の責任を負いかねます。