07 Jun THE激レアトーク!キャリアの見取り図を作ろう (2020年6月)

2020年6月7日に「キャリアの見取り図を作ろう」というテーマで、イベントを開催しました。昨今の社会状況を踏まえ、今回はゲスト・参加者ともにオンラインで参加いただく形式となりました。この形式でのイベント開催は、JUKE初の試みとなります。

はじめに

今回はゲストとして、大手広告代理店勤務の田里さん、テレビ局勤務の久村さんのお二方にお越しいただきました。ゲストの社会人お二人から、大学時代の過ごし方や就職活動、入社後のお仕事についてのお話を対談形式でお伺いした後、参加学生が気づきや学びについて話し合うワークショップを実施する2部構成のプログラムとなります。

ゲストによる激レアトーク

最初に、学生が持つ「キャリア」についての疑問点・不明点を司会進行役の学生から提示し、田里さん・久村さんからそれに対するご意見を過去のエピソードを交えてお答えいただきました。特に、「現在の仕事は、どんなきっかけで目指し始めたのか?」という、学生がキャリアについて考える際に必ず疑問に思うことをお聞きしたところ、田里さんからは “面白いことを考えて、お金がもらえる”という仕事の魅力に惹かれて広告代理店を志望されたというエピソードや、久村さんからは “とにかく、多くの社会人と会って話をしたり、インターンに参加していくなかで、テレビ局を目指すようになった”というエピソードをお伺いすることが出来ました。

今回の裏テーマとして、”学生のうちから将来の目標を立て、実現した社会人”のゲストからお話を聞き、参加者の学生が将来の「キャリアの見取り図」を作成する際の参考にすることを目指していましたが、想像以上に多くのエピソードをお伺いするなかで、これまで想定していなかったような新たな視点から、自分自身のキャリアや仕事に対する考え方を考え直す機会になりました。

学生によるワークショップ

ワークショップでは、参加者同士で「ゲスト2人のお話のどの点が共通していたか」というテーマで話し合いを進めてもらいました。2チームに別れて話し合った結果を基に、各チームの代表者からは「根底にある強い価値観」や「社会を知るための、圧倒的な行動力」を持っているところ…などが挙げられました。

最後に、JUKEで用意したワークシートを利用し、「これから先10年で自分がやりたいこと、目指す姿(目標)」「自分が今いる位置(目標までの距離)」「今やるべきこと(目標達成のためのアクション)」について、各自で考えてもらいました。

写真:実際に使用したワークシート

ワークシートは将来の自分を想像して記入するため、スラスラと書けない参加者も見受けられました。そこで、ゲストのお二人にもワークシートを書いてもらい、「社会人はどうやって書くのか」「数年後に社会人になる自分はどんなことを考えるのか」といったヒントを参加者に提供することが出来ました。

おわりに

私たち学生にとって、将来の目標を一人で立てることはかなり難しいことだと思います。そのため、今回のゲストである田里さん、久村さんのような “学生のうちから将来の目標を立て、実現した社会人” から学ぶことが出来たのは、とても意義のあることです。さらに、自分の頭の中だけで考えるのではなく、実際に紙に書いてみたり、誰かに話すといった「アウトプット」を通じて「将来の見通し= キャリアの見取り図」を、より明確にする機会を参加者に提供することが出来たと思います。

最後になりますが、今回のイベントにご参加いただいたゲストのお二人、参加者の学生、イベント開催まで協力してくださった方々に感謝を申し上げます。本当にありがとうございました!

NPO法人JUKEでは、高校生、大学1・2年という早い段階からキャリアについて自ら考え、行動するきっかけを提供するため、今後もより多くの高校生・大学生向けにイベントを提供していきたいと考えております。引き続き、ご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。

文責:濵田 龍大(NPO法人JUKE 学生スタッフ)

EVENT INFO:

イベント名>>
THE激レアトーク!キャリアの見取り図を作ろう (2020年7月)
開催日時>>
2020年6月7日(日) 13:00~16:00
参加人数>>
大学生6名、 ゲスト・社会人スタッフ 4名

MORE FROM JUKE:


 
 
※1 本文中に記載されている組織・役職名・その他の情報は掲載当時のものであり、現在では異なる場合があります。
※2 本文中の出来事・状況に関する説明は、JUKEの活動に関する情報提供を目的とするものであり、情報の信憑性や教育プログラムの効果の判断などにおいては、ご自身の責任においてお願い致します。
※3 当該情報に基づいて被ったとされるいかなる損害についても、NPO法人JUKEは、一切の責任を負いかねます。